サイトメニュー

定期預金を利用してみる

聴診器

1人でお金の管理ができない場合は定期預金

一人暮らしでなければ、家族にお金の管理をしてもらうといいでしょう。第三者がお金を管理してくれるとお金を無駄遣いせずにすみます。しかし、1人暮らしをしていて、家族にお金の管理をしてもらうのが恥ずかしい方は定期預金を利用しましょう。お金を浪費してしまうのは、通帳にお金があるからなのです。通帳にお金が残っていればすぐに引き出してしまう癖がついてしまっているので、すぐにお金を使ってしまいます。お金を引き出さないようにするには、定期預金を利用するのが一番なのです。定期預金とは、選んだ期間に設定した金額を銀行に預けることです。銀行に一度預金をすればしばらくお金を引き出すことはできません。また、定期預金をしておけばお金が減っていく心配もありません。お金を一定期間下ろすことはできませんが、銀行から高い金利が少しだけ貰えることがあります。しかし、銀行によって期間や金額は違っているので、定期預金を利用する際は、銀行に確認をする必要があります。もし、選んだ期間内に解約をしてしまうと面倒な手続きがあり、金利を下げられてしまうペナルティもつきます。簡単にお金を引き出すことができないのは、浪費癖のある方にしてみたら良いメリットなので、定期預金を利用するのはおすすめですよ。さらにもっと厳しくするのであれば、クレジットカードを持ち歩くのもやめましょう。クレジットカードが財布の中にあると浪費癖のある方は、つい使ってしまいます。大きな買い物をする際は、クレジットカードはとても便利ですが、浪費癖がない方でも使い続けていくと金銭感覚が麻痺してしまう恐れがあります。クレジットカードを多く所持していたら、解約をして数を減らした方がいいでしょう。お財布にはクレジットカードを入れないようにして、必要な現金だけを入れるようにすると無駄な買い物を防ぐことができますよ。浪費癖は心の病気です。お金を使わなくてもストレスや寂しさを解消できる方法は、たくさんあります。1人で抱え込まずにまずは、心の不安を誰かに話して、自分でできる改善方法を見つけていきましょう。

Copyright© 2019 ついお金を使ってしまう浪費癖は病気?浪費癖なら1人で改善可能 All Rights Reserved.