サイトメニュー

ストレスを溜め込まない

ハートと聴診器

浪費癖になる原因はストレス

浪費癖になる原因の一つに挙げられるのはストレスです。仕事や対人関係などで体が疲れていたり、ストレスが溜まっていたりすると衝動的に商品を買ってしまうことが増えてしまいます。ストレスが溜まりすぎてしまうと別に欲しくもないので、ただお金を使いたいという欲求が強く出てしまい、無計画に散財しがちになります。ストレスが溜まっていると自炊をする回数も減っていき、食事は外で済ますことも増えてしまいます。外食が毎日続いてしまうと食費も高くついてしまうので、気をつけなければいけません。外食が多いと体の健康にも良くありませんし、体を壊してしまっては病院や薬などでますますお金を使うことになります。ストレスを解消するために趣味を持つことは大事です。しかし、持っているお金を全て趣味につぎ込まないように注意をしなければいけません。例えば、スマホのゲームで課金をするために生活費を削ってまでお金をつぎ込んでしまうと、金銭感覚がおかしくなってしまい、浪費癖に繋がりやすくなります。趣味を持つことでストレスを解消することはできますが、お金の使い方には気をつけないといけません。ストレスが溜まりやすい方はお金を使わないようにショッピングは避けて、仕事が終わった後や休みの日は、ヨガやウォーキングなどの体を動かすことでストレスを解消していきましょう。趣味に熱中してお金をかけすぎてしまう方は、週に2~3日ぐらい趣味から離れる時間を作るようにした方がいいでしょう。
また、浪費癖のある方の中には自身のご褒美のために一目惚れした高級コスメを購入したり、サプリや美容効果のある薬を色々購入したりする人もいるかと思われます。しかし、高級なコスメを使っているのに肌荒れが治らない、高い薬を飲んでいるのに体調を崩してしまう場合、生活習慣を改善する必要があります。毎日自炊をしてバランスのいい食事を心がけたり、適度な運動をしたりするなど不規則な生活を改善することで健康的になります。規則正しい生活をすれば高いコスメや薬などを買わなくても、健康や美容を維持することはできます。浪費癖は、病気だからと治すのは難しいと諦めてはいけません。浪費癖を治すには、自分に浪費癖があることを自覚することが大切です。自覚をしたら、いつ頃お金を浪費するようになったのか、月にどれぐらい何にお金を使ってしまうのかなど原因を知ることで解決をすることができます。まずは1人で抱え込まずに家族や医師に相談をし、浪費癖を改善していきましょう。

Copyright© 2019 ついお金を使ってしまう浪費癖は病気?浪費癖なら1人で改善可能 All Rights Reserved.